FC2ブログ

エヴァンゲリヲン

テレビ版をすんごい久しぶりに見て、
エヴァのゲームがやりたくなったからやってみた。
いや、別に動画とかないんですけどね。

PS2版とPSP版の2つ。
どっちも面白いんだよねーこれが!

PS2版は新世紀エヴァンゲリオン2。
使徒との戦闘はヘックス型戦闘みたいな感じ。
要するに、ビルが■、使徒やエヴァが▲で表示されてる感じな。

戦闘自体はエヴァらしさもそれほどなく、正直微妙。
が、これの素晴らしさは日常にある。

日常では、各キャラとの会話ができる。
会話によってA.T値(A.Tフィールドその他の値的なもの)が上がるわけだけど、
大事なのはそこじゃない。

各キャラ全てがAIを搭載していて、勝手に動くという事。
しかも世界観全体も、また別のAIが管理していて、
状況に応じてムードというか、雰囲気を変える事。

例えばよくあるゲームだと、同じキャラとひたすら話して好感度を上げて、
とやるだろうけど、このゲームはなんせAI搭載なわけで。
しつこく話しかけると逆に嫌われたり、あるいはずっと円満なより、
ちょっとケンカして値を下げて仲直りした方が、結果的に値が上がったりするのですよ。

つまるところ、リアルなわけです。
よりプレイヤーの性格が現れるゲームといえるわけです。

ほんでPSP版。タイトルはエヴァンゲリヲン:序。
こっちは戦闘面が3D。しかもこっちは戦闘パートがリアル。
若干原作とは違う部分もあるけどね。

PSP版の戦闘パートは、さっきも書いたように3D。
様々な武器を使用して使徒を殲滅するわけです。

武器というのが、アニメでも出てきたナイフやライフル。
他にも剣やらなんやら色々出てくる。

で、ビルも、武器を格納してるビルや攻撃を支援するビル、
電力供給ビルと色々ある。
銃系武器なら弾切れ、剣系武器なら刃こぼれしてくるから、
そうしたら武器を格納してるビルで武器を取り替えるとか、
武器を捨てて格闘戦を仕掛けるとかして使徒を殲滅する。

銃がね、弾が収束しないの。
んで撃ちまくると煙で使徒が見えなくなっちゃったりすんの。
しかも見えないなーとか思ってるとなんか撃ってきたりすんの。
アニメでもあったよねーそういうのw

「バカ! 煙で相手が見えない!」ってやつ。
照準は基本オートロックですが、そこはあえての手動で
「目標をセンターに入れて(ry」ってやるのが醍醐味。

PS2版はAI相手だけあって、若干難しい面もあるけどやりがいあり。
でもとりあえずはPSP版を堪能するべ!
スポンサーサイト