FC2ブログ

ダンジョンクルセイダーズ2

思いっきり大人向けのゲームですを記事にするっていう。

えーまぁ、18歳未満の人はヤフる事もググる事もせず、
大きくなったらプレイしてほしいなーと思うわけなんですけどもね。

ダンジョンクルセイダーズという、大きなお友達向けのゲームがありまして。
1はやった事ないんですが、2が発売されていたので買ってみました。

物語としては、ドルアーガの塔みたいなやつで、
レヴェリアの角という巨大な塔がありまして。
めちゃめちゃ高い上に中は迷宮で魔獣もうじゃうじゃ、
というその塔の頂上にあると言われている永劫の楽土。
その楽土を巡って、色んな人達があちらこちらからやってくる、というものです。

主人公は、各国が永劫の楽土を巡って戦争を起こさないようにする調停者、アリオン。
レヴェリアの角の調査のために、塔がある都市、グラキエストにきた彼は、
そこで偶然出会った美女達とパーティを組みます。

その美女達というのが、全部で5人。

まず1人目は永劫の楽土の存在を確かめると共に、本当に存在するならば、
それを手に入れるよう国から勅命を受けてやってきた騎士エンデ。
伝説の三騎士と呼ばれる者達の魂と特別な方法で融合しており、
その三騎士の力を持っています。

2人目は、永劫の楽土が人間達の手に渡り、
無益な争いが起きる前にそれを破壊するよう国王から言い付かってきた皇女カバネ。
彼女の出身国ホムラの皇族は魔族の血を受け継いでいるらしく、
彼女自身も吸血鬼だと自己紹介していました。

3人目は、魔法などという超常現象は神の御心に反するものとして、
教会より永劫の楽土の封印を言い渡された司祭ミリア。
パーティの魔法具をも笑顔で封印しようとする、
ある意味仕事熱心なお姉さまです。

4人目は、名門ルフトハウゼル家の一人娘にして、
マギウス魔導学院では主席を争うほどの成績を収めているグリシーヌ。
貴族らしく高飛車な態度で人と接しますが、永劫の楽土を探す目的は、
学院の自由研究を通して首席を取るため、という面白い理由だったりします。

最後は、レヴェリアの角がある都市グラキエストの警備隊見習いレジーナ。
レヴェリアの角に入るには、彼女の所属する組合に許可を取る必要があり、
無断で入ると盗人扱いされてしまうそうです。

こんな感じのメンバーと共に塔を攻略しつつ、
大人向けらしく、特定キャラと親密になればムフフな展開も、
というゲームなんですが、
なぜ今回記事にしたかというと、そのゲーム性の高さ故です。

前述の通り、基本は塔内部のダンジョンを攻略するわけなんですが、
そのダンジョン構成、キャラ育成、アイテムなどが中々に凝ってるのです。

まずダンジョン。
ダンジョンは3Dマップで表示され、方向キーまたはマウスで移動できます。
それとは別に、自分が通った場所が分かる地図もあり、
いかに広大なダンジョンであっても迷う事がありません。
常に手探りで遊びたい方は、地図を見なけりゃ良い話です。

また、地図にはマッピングシステムがあり、
自分がそのダンジョンを何%攻略したかが分かります。
部屋に入ってみたらただの四角い部屋だった、という場合でも、
部屋の隅々まで歩かないと、ダンジョンを100%攻略した事にはなりません。

面倒だなーと思うかもしれませんが、ダンジョン内には隠し扉がある事もあるため、
マッピングも含め、隅々まで見ておいて損はないのです。

次にキャラ育成。
ダンジョンに入る際に組めるパーティの最大人数は5人。
主人公を含めるとメンバーは6人のため、必然的に1人余ります。
誰を余らせるかで悩みそうなところですが、
できればパーティを都度入れ替え、何度も同じダンジョンでレベル上げするのが理想です。
というのも、キャラごとに特性があり、その特性がどれも魅力的だからです。

まず主人公のアリオン。
アリオンはパーティ中唯一の男性キャラです。
冒険者の主人公(いわゆる勇者)らしく、特筆すべきステータスはありませんが、
攻撃、防御、回復と、幅広くスキルを覚えてくれるので、オールラウンドに扱えます。

次は騎士エンデ。
騎士というだけあって防御力に優れ、雑魚敵の攻撃程度ならダメージ0
というのも珍しくありません。
また聖属性の攻撃も覚えるため、それらが苦手な敵との戦いでは重宝します。


皇女カバネは攻撃力の高いキャラです。
エンデとはある意味対極に位置し、覚えるスキルも闇属性の攻撃などです。
エンデ同様、闇属性の攻撃が苦手な敵との戦いでは重宝します。

司祭であるミリアは、司祭らしく、回復系魔法に長けています。
全体HP回復や、ステータス異常回復はもちろん、
蘇生魔法も、育成次第ではかなり早い段階で覚えます。
(ウチの場合、レベル12で覚えました)

マギウス魔導学院の生徒であるグリシーヌは、いわゆるマジックシューターです。
火、氷、雷の各種魔法を始めとする多くの攻撃魔法を覚え、
そのどれもが高威力を誇ります。
全体攻撃も早い段階で覚える事が可能なため、
ぜひパーティに入れておきたいキャラです。
あと声優が金田まひるさん(くぎゅぅに似てる声)だしツンデレだし。

警備隊見習いのレジーナは弓矢使いです。
本ゲームにおいては、弓矢=遠距離攻撃とか、そういうのはありませんが、
彼女は様々な補助スキルを覚えてくれます。
パーティの速度(回避率、攻撃順序に関係)を上げるものや、
ダンジョン内で敵に遭遇しにくくなるスキル。
敵との遭遇時に先制攻撃が発生する率を上げるスキルなど、どれも魅力的です。

最後に、ダンジョンクルセイダーズ2の魅力として、アイテムがあります。
アイテムは、回復アイテムや戦闘を補助するものから装備品まで様々ですが、
気になるのは装備品の方。

装備品は、いわゆる服や靴などの一般的なものもあるのですが、
それらはゲーム中ではアクセサリーに分類されており、
1人1つしか装備できません。

そこで登場するのが魔氷石と呼ばれる石です。
魔氷石は1人につき3つまで装備可能で、石ごとに様々な効果があります。
単純にステータスを上げる効果のものもあれば、
攻撃に火属性や雷属性を付与したり、攻撃した敵を眠らせたりするものもあります。

魔氷石は、街にあるショップで買う事もできますし、
ダンジョン内で手に入れる場合もあります。
今のところ重宝しているのは、攻撃した敵を眠らせる効果のある魔氷石。

100%寝るわけではありませんが、それでもかなりの高確率で眠らせる事ができ、
眠った敵は最低でも1ターンは行動できません。
今はお金の問題で無理ですが、この石を複数購入&複数装備させる事で、
眠らせる確率が上がるのか、眠っているターン数が延びるのか、
ボスにも通用するのかを調べるつもりです。

とまぁ、ダラダラ書いていったわけなんですが、
かなり面白いゲームなんですよ実際。
どれぐらい面白いかといったら、
エロシーン素っ飛ばしてダンジョン攻略の続きに挑むくらい面白いんですよ。
ある意味本末転倒だよね。

よくある大人向けゲームと違って、
選択肢を選んで特定キャラと仲良くなって~みたいな描写が今のところないから、
どうやって各キャラを攻略するのか分からないけど、
とりあえずキャラ攻略よりダンジョン攻略したい。
低層階で嫌になるぐらいレベル上げてから、圧倒的な攻撃力で後のボスを打ちのめしたい。
スポンサーサイト