FC2ブログ

あああああああああ!!!

絶望した!!
自分のアホさ加減に絶望した!!


100階建てのビルの屋上で首にバンジーロープつけて手首切って段々フラフラしてきて屋上からうっかり落ちて地面スレスレ1cmのところでロープがビンとなって死にたい気分だ!!

悔しい事に反論できる余地がないよ。
全面的にウチが悪いよハハハ。

悔しいですっ!<`Д´>

あーもうなんか・・・もうなんかw
いや、ホント悩んでたのはなんだったん?
しか出てこないです。
いやー・・・すいません、なんかすいません。
認めたくないけど全面的にすいません。
ありとあらゆる点でもうホントすいませんorz





ところで、それとは別にちょいとあった事を書き書き。
富山行ってたわけですが、帰りの夜行バスでちょいとトラブル発生。
時間になってもバスが来ない。
他にもバスを待ってる人はいる。聞いてみた。同じバス。
うむ、バスの停車場所を間違えているわけではなさそうだ。
でも時間になっても来ない。おや~?

一緒にいたおばさんがバスの会社に電話。
・・・え? そっちになったんですか? 何も聞いてないんですけど?
とか言ってる。嫌な予感。

電話を切るとこっちを見て「場所が変わったんですって! 駅の反対側!」
( ゚д゚)はぁ!?

なにそれ、聞いてないんですけど。
で、親切なおじさんが車に乗せてくれて、
駅の反対側まで連れて行ってくれました。
あの人いなかったらバスは先に行っちゃってたそうです。

バスの場所に着くと、運転手にものすっごい文句を言うおばさん。
うん、分かる。その気持ちすっごい分かるよ。
分かるんだけど・・・運転手さんに言ってもなぁw
運転手さんはバス会社に言われてバス運転してるだけ。
言うなれば雇われ運転手みたいなもんです。
バス会社が「じゃああなたのバスでよろしくね」みたいにしてるわけだ。
多分だけど。

運転手さんが必死に「お客様、お怒りはごもっともなんですが」
と言ってもおばさん止まらない。30分前から待ってたおばさんの怒り止まらない。
さーせん、2時間以上前から待ってましたわたくし。

で、ようやくおばさん気付く。運転手に言っても意味はない。
おばさん「ちょっと責任者に電話取り次いで、いますぐ」

確かにおかしい話、という事で運転手さんも電話を取り次ぐ。
分かる、分かるよその対応。正しいと思うよ、思うんだけど。
帰ってからじゃダメですかね?

ウチねー帰りは1分単位でスケジュール構成してんのよー。
バスが10分遅れたら会社に遅れちゃうようなスケジュールなのよー。
で、おばさんが電話で話す前の段階で既に10分過ぎてるのよーw

おばさん、電話を代わると状況を説明。
若干文句入ってるのでイマイチ意図が伝わりにくい説明。
その間、なぜかウチはおばさんの代わりに運転手さん達に謝罪。
r「なんかすいません、遅れてしまった上に・・・」
運転手「いえいえ、お客様のお怒りはごもっともですから^^」

運転手さん、あんた良い人だ。
運転手「あの方とお知り合いなんですか?」
r「いえ、たまたま同じ場所で待っていて」
運転手「お客様もでしたか。本当に何をやってるんでしょうねぇ」

と、おばさんが文句言ってる間に運転手さんと話してました。

しばらくして、おばさんが同じ事しか言わなくなってきました。
おばさん「だからね、その事務的な受け答えやめなさい。
はいだけじゃ分からないわよ・・・だからやめなさいっていうの!」

・・・電話の相手、面倒臭がりだしたな。
結局相手が「はい」しか言わないからもういい、と電話切りました。

普段は、バスの待ち合わせ時間に遅れたら、
バス会社から携帯に電話が来るんですが、今回は来ませんでした。
バス会社曰く「バスの到着時刻が遅れたため、電話も遅れた」とのこと。
でもバスの運転手さんは時間通りに来ました、との事。
おーい適当過ぎんじゃないのー?

またお世話になるだろうけど、今後こんな事はなしにしてほしいやーねー。

ちなみに、場所が変わった事は、
帰りのチケットに同封されたプリントに書いてある、との話ですが、
そもそも予約した段階で「バスの停車場所はいつも通り」って聞いてるんですよね。
バスの停車場所が変わったのは7月になってかららしいですが、
おばさんは7月の頭にも利用したらしく、初耳だと言って怒ってました。

チケットには確かに同封されてましたが、ぶっちゃけ分かりにくいです。
土地勘ある人じゃないと分かりません。
あと同封されてたのも初耳です。一言言えと言いたいわー。

そんな事がありましたが、帰りは隣の席に誰もいなかったので、
イスを2つ使ってぐっすり眠れました。
良かったのやら悪かったのやら。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)