FC2ブログ

クライマックスヒーローズオーズその2

あまりにも長くなったので2つにわけますw
前の記事はこちら
っていうか昨日の記事、クウガやアギトはすっごいシンプルに書いてるよね。
後半やたら細かく書いたからこんなに長くなったんだろうね。


次はディケイド
今作でもフォームチェンジの残念さは変わらず。

キャラクター選択時に、カメンライド、ファイナルフォームライドを選択できますが、
選択できるのはどちらも1つずつ。
原作のような多種多様なキャラへの変身はやはりできず。

おまけにカメンライド時のSEも一部おかしく、
例えばファイズであれば、なぜかアクセルフォームのSEで変身します。
カメンライドはライダーゲージを消費しませんので、変身し放題です。

ファイナルフォームライドはライダーゲージを1本消費します。
ディケイド状態ではライダーゲージの溜りが早く、
カメンライドした時は、変身先のライダーによってゲージの溜まり速度が変化します。

ファイナルフォームライドを使用するには
ディケイドでゲージを溜めるのが一番ですが、
元々カメンライドしていたらファイナルドームライドは使えないので、
あまり気にしなくても良いかな?

ディケイド自体の性能は普通。
全体的に技後のポーズが少し長いぐらいです。
ちなみに声は正大君です。

続いてはディエンド
PS2同様、他の仮面ライダーを召喚できますが、
今回は召喚できる仮面ライダーの種類が増えています。

初期状態では王蛇、ライア、シザース、ガイ、ファム、パンチホッパーが召喚可能。
なんで龍騎ばっかなのか。

ライダーゲージ満タン時にアナログスティックを操作する事で、
キャラ選択時に選ばれたライダーが召喚され、一定時間攻撃してくれます。

ディエンド自体としては、○+方向キーによるアタックライド・ブラストが強力。
追尾+複数攻撃で、なによりPS2と違ってちゃんとディエンドのブラストです。
あの変な球体じゃないです。

必殺技もちゃんとディメンションシュート。
あの変な球体じゃないです。
ファイナルアタックライド、ディディディディディエーンド!でもないけど。


次はダブ
ボディメモリ3本、ソウルメモリ3本をそれぞれメモリチェンジさせ、
3×3で9通りのフォームを使用できます。

アナログスティック右でボディメモリ選択、左でソウルメモリ選択、
上で相性の良い両メモリ選択、下で選択したメモリにチェンジです。
なお、メモリ選択中も戦闘は行われるため、ある程度の力量を要します。
また、他キャラのように攻撃が方向キーによって変化しません(○ボタンは除く)。

メモリチェンジ時、テレビではメモリに応じた音楽が流れますが、
ゲームでもそれは健在です。
あの音楽あってこそダブルという私のような人間にはたまりません。

各メモリの組み合わせについて。

サイクロンジョーカーは攻撃力・スピードが高く、扱いやすいフォームです。
○+方向キーでダブルの周りに風が巻き起こりますが、
正直効果はよく分かりません。
別にスピードが早くなったわけでも攻撃力や防御力がアップしたわけでもなく。

サイクロンメタルはサイクロンジョーカーよりも攻撃力が上がります。
メタルシャフトを用いたコンボ攻撃は中々の威力です。

テレビではサイクロンのスピードをメタルの重さが殺すため、
バランスの悪いフォームでしたが、
ゲームでは特に遅くなったような印象は受けませんでした。

○+方向キーでメタルシャフトに風をまとい、攻撃力を上げる事ができます。

サイクロントリガーは遠距離攻撃ができます。
○+方向キーでトリガーマグナムに風をまといますが意味は分かりません
テレビ設定のように広範囲に攻撃ができるわけでもありません。

ヒートメタルはコンボ数こそ少ないものの、高い攻撃力を誇ります。
○+方向キーによってメタルシャフトに炎を宿し、さらに攻撃力を上げる事も可能です。
あと弱攻撃のコンボが一番ダメージでかいっていう変な特徴もあります。

ヒートジョーカーもヒートメタルとほぼ同じ。
メタルシャフトがない分リーチは短めかと思いきや、大して変わりません。
○+方向キーで拳に炎を宿し、攻撃力を上げます。

ヒートトリガーはサイクロントリガー同様遠距離タイプ。
ただし○+方向キーによって性能が劇的に変化します。

トリガーマグナムに炎を宿す事で全体的な攻撃力が上がるわけですが、
さらにその状態で行う○攻撃のモーションが変化し、ダメージが大幅にアップします。
大体4~5倍アップします。

ルナトリガーは遠距離タイプですが、攻撃力は低いです。
その代わり、トリガーマグナムの銃弾に追尾機能がつきます。
○+方向キーで攻撃力ややアップ。

ルナジョーカーは格闘タイプ。
ただし、×コンボと○攻撃で手足が伸びるため、遠距離にも対応しています。
攻撃力は、ルナトリガーよりは高くなったかなってぐらい。

○+方向キーはダブルの体が光っている間、ジャンプ○の性能が変化します。
具体的には、ジャンプ○が3回コンボ可能になり、その分ダメージもアップします。

ルナメタルは鞭のようなメタルシャフトを用いた中~遠距離タイプ。
メタルのお陰で良い攻撃力を持ち、ルナのお陰で距離をカバーできてます。

○+方向キーは○ボタンの性能変化。
メタルシャフトで敵を拘束中に追加で蹴りを放ちます。

結論として、各フォームごとの良し悪しが激しいキャラですな。

次はアクセル
ちょっと高めの攻撃力、ちょっと遅めのスピードキャラ。

○ボタンのアクセルグランツァーは1発で中々の攻撃力を持ちます。
空中飛び道具もあり、思いの外バランスは取れてるかも。

さらにライダーゲージ満タンを消費してアクセルトライアルに強化変身できます。
強化フォームだよね?

アクセルに比べて攻撃力はガクッと落ちましたが、
代わりに手数・コンボ数が増えたので総合的なダメージは同じぐらい。

○ボタンはカブトのクロックアップと同じで、
隙はあるけど相手の背後に瞬間移動できます。
あんたそんなに早くn(ry

ちなみに、テレビ同様防御力が落ちるので要注意。
もっかい言うけど強化フォームだよね?

さらにちなみに必殺技ですが、アクセルでもトライアルでも使用でき、
アクセルの方がライダーゲージの溜まりが圧倒的に早いです。
これきょうk(ry

さて、長々続けてまいりましたが次で最後です。

最後は新キャラの

ヘッド4枚、アーム3枚、レッグ3枚のコアメダルをそれぞれ組み合わせ、
計36フォームという圧倒的フォームチェンジ数を誇ります。

アナログスティック左でヘッド、右でアーム、左でレッグを選択。
そして下で選択したコアメダルにチェンジします。
この時、タトバ、ガタキリバ、タトラータ、サゴーゾだとメダルコンボになり、
フォームに応じた歌が流れますが歌は気にするな

どこにどのコアメダルをセットするかで攻撃コンボが微妙に変わりますが、
戦闘中に狙ったコアメダル配置にするにはかなりの腕が必要になるので、
慣れないうちはあまりこだわる必要もないかと思います。

コアメダルは×ボタンのコンボで自動的に変化します。
×ボタンコンボの場合、アームのコアメダルに合わせてメダルチェンジします。
例えばアームがトラのコアメダルの場合、コンボ中にタトラータに変身します。
これが×+方向キーの場合、レッグのコアメダルに合わせてメダルチェンジします。
つまりタトバは自分でやれってことだ。

各フォームの特徴ですが、36フォーム全部はしんどいのでコンボだけ。

まずはタトバコンボ。
○ボタンのメタジャリバー斬撃は、技の派生がほんの少し遅いですが、
斬撃が遠くまで飛ぶので遠距離にも対応しています。
ヘッドがタカのコアメダルであれば使用できます。

○+方向キーの連続スラッシュは名前の通り連続攻撃します。
アームがトラのコアメダルであれば使用できます。

ジャンプ○の急降下キックは派生がやや早くダメージがやや小さいです。
レッグがバッタのコアメダルであれば使用できます。

続いてガタキリバコンボ。
増えません。

○ボタンは溜めのないサイコクラッシャー
威力はそこそこですが突進スピードはそんなに早くないため、
遠距離からだと技の発動を見てガード可能です。
ヘッドがクワガタのコアメダルであれば使用できます。

○+方向キーの回転スラッシュは一度空中に上がり、
そこから回転しながら相手に突っ込みます。
相手の間近でやれば回転に相手を巻き込む事ができます。
アームがカマキリのコアメダルであれば使用できます。

ジャンプ○はタトバと同じ。

続いてラトラータコンボ。

○はテレビでもあったあの頭が光る熱線
さすがに画面全体のような広範囲ではないですが、
それでも中距離程度までならカバーできます。

さらに相手が倒れるまでにもう1発食らわせる事も可能です。
とはいえ、予備動作があるからガードされやすいのも事実だけど。

○+方向キーはタトバと同じ。

ジャンプ○のアサルトダッシュは、動きはバッタと大差ないですが、
威力が少し高いです。
レッグがチーターのコアメダルであれば使用できます。

最後にサゴーゾコンボ。

このコンボの場合に限り、ダッシュ、バックステップができません。
頭なり腕なり足なりのコアメダルを変えればダッシュとかもできます。
足はともかく頭や腕は関係ないんじゃなかろうか。

いわゆる重量パワータイプで、スピードは緩慢ですが攻撃力・防御力がアップします。
特に防御については、他のコンボのおよそ2倍の防御力を誇り、
さらに特殊なスーパーアーマー状態になります。

特殊といったのは、常時スーパーアーマーなわけではなく、
例えば×の単発攻撃の場合、3発まではスーパーアーマー、
4発目はやられモーションがある、そういう特殊なスーパーアーマーなのです。

○ボタンは前方に少し突進し、相手を打ち上げる攻撃。
ヘッドがサイのコアメダルであれば使用できます。

○+方向キーは前方に腕の鎧(?)部分を飛ばします。
予備動作があるのでガードされやすいでしょうが、
ガードしても体力を思った以上に削ります。
アームがゴリラのコアメダルであれば使用できます。

ジャンプ○の急降下キックは真下に落下するキックです。
故に相手を飛び越すようにして使います。
レッグがゾウのコアメダルであれば使用できます。

という事で、長くなりましたが初期キャラの紹介と感想は以上です!
マジで長かった!!

ちなみに、まだシルエットになってるキャラクターゾーンが19個あるんですが、
これはストーリーを進めていったら19人キャラが追加されると思って良いの?

結局この記事書くのに時間かかってゲームできなかったけど、
今後じっくりプレイしていきます。
そしてブログに感想を書く・・・かもしれません。

ではでは~。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)