FC2ブログ

お店でのこと

今日は会社のお店で面白い事がありました。

いつものようにお店番をしていると、
スーツを来た同い年くらいのお姉さんがこちらに。
にこやかな笑顔で「こんにちはー」

頭の中で選択肢が出現する。
1.客 2.取引先 3.面接関係 4.セールス

さぁ、どれだ?
「私、化粧品を売ってます、○○と」
1.客 2.取引先 3.面接関係 →4.セールス

r「化粧品・・・ですか?」
女性「はい!」
r「・・・・・・」
女性「・・・(^▽^)」
r「・・・見ての通り使いませんのでw」

使わないよ空気をかもし出すも失敗。
というわけで言ってみる。

女性「あーそうですかぁー。
   ただ、最近は女性へのプレゼントなどでご購入される方もいらっしゃいましてぇー」

引き下がらねぇwww

で、なにやら化粧品をオススメ。
といっても一切興味なしだし知らないし。
いくら勧められても買う気なんて微塵もないし。

女性「いかがですか?」
r「といわれても、今のところ興味もありませんのでw」
女性「そうですか、どなかにプレゼントなどでも」
r「そういう相手もいませんので」
女性「お母様にお渡ししたり」
r「母は他界してまして(ウソ)」
女性「あ、申し訳ありません!」

なおも粘るお姉ちゃん。偉いねーがんばるねー。
一通り商品の説明とかしてるねー。きっとノルマか何かなんだろうねー。
でもごめん、買わないんだ。

で、そこに会社の先輩帰社。仮にT君としよう。T一切関係ないけど。

T「なんスか?」
r「化粧品の販売だそうです。どうですか?」
T「ああ、ボク先週それ買いましたよ」
女性&r「えぇ!?」

まさかの展開です。
なんで買ったんだいとその場で問いただしたくなる返答です。

r「先週もいらしたんですか?」
女性「いえ、初めてなんですけど・・・えぇーなんで来てるのー!?」

プチパニックで素が出る姉ちゃん。
ちなみにわっち、こういう時、焦ってるよカワイイなーとは思わないタイプです。
そういうぶりっ子的リアクション通じないタイプです。

で、結局化粧品はいらんということで断ったんですが、
お姉ちゃん頑張ってセールスしてたんで、名刺だけもらうことに。
実を言うと、ハンドクリームが良い匂いだったというのもあります。
ちと値段高かったけど、気になったら買おうかなーと。

あとT君が化粧品を買ったのは、お母さんにプレゼントするためだそうです。
親孝行だのぅーT君。先輩だけど君。

そんなことがありましたとさー(・∀・)

>>鳥飯さん
こんな風に鳥が取れた時はテンションあがるよねー。
基本的に動物の写真って貴重な気がするよ!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)