fc2ブログ

ファイナルデッドブリッジ

おもっくそネタバレ書くよ!!




今回は主人公たちの乗ったバスが橋の上で停車→橋崩壊→死亡
という始まり。ぶっちゃけ死ねば場所はどこでもいいんじゃ、と思う毎回。

まず思ったのが、死に際のCGが雑。
なんというか、キレイはキレイなんだけど、
CGすぎてリアリティがない。昔のスプラッタの方が怖い。

助かったのは全部で8人なんだけど、
1人目は新体操の練習中に、あのぐるぐる回る鉄棒あるじゃんさ。
あれでぐるぐる回ってる最中に、
滑り止め用の粉が換気のために回ってた扇風機で俟って、
それで目を瞑った瞬間に手を離して着地ミスって死亡。

首から落ちて骨折って死ぬ、ってんなら分かるんだけど、
回りながら腰からいって、身体が真っ二つ近い感じで折れて死んだ、
そんな死に方。

いくら回転していたとはいえ、鉄棒の高さでそこまでの折れ方はせんだろうと。

ちなみにその前に、いくつか死亡フラグらしきものがあったんスよ。

天井にある換気扇のねじが外れたり、
そのねじが平均台の上に、ねじ部分を上にして落ちたり、
刺さりそうで刺さらない絶妙な動きで平均台の上で演技したり、
扇風機のコードが、一部ワイヤーが剥き出しになってて、
そこに水滴がポタポタ垂れたり。

そういう伏線が色々あったんだけど、最終的な死に方が着地ミス。
これはいただけねぇぜ・・・。

あとレーシックの手術中に、レーザーの出力が最大になって、
目が焼かれて、それでもレーザーの追撃をなんとかかわして、
と思ったら足を滑らせて窓ガラスぶち破って落下→死亡というのもあった。

足を滑らせて窓ガラスにぶつかったぐらいで割れる窓ガラス・・・ないわ。
いや、アメリカだとあるのかもしれん。強度のやたらもろい窓ガラスが。

ほかにも色々突っ込みどころ満載でした。
なんというか、死ぬまでの過程は怖い。
うわーこれか、これで死ぬのか?っていう怖さ。
フラグがガンガン立つからね。

で、見せかけのダミーフラグが乱立するなか、
いざ本命フラグは非常にしょぼい死に方のオンパレード。
予想の斜め下をいってしまった感が残りますなぁ。

最終的に、8人中、主人公とその彼女の2人が生き残るんですけど、
その2人が乗った飛行機が、実は第1シリーズに出てきたあの飛行機。
主人公達が乗ったところで、第1シリーズの主人公の少年たちが降ろされます。

飛行機が飛び立ったところで、その少年が自分と同じように、
事故の予知夢を見ていたことに今作の主人公は気づくんだけど、
もうなにせ飛行機飛んでるんで。空の上なんで。

回避しようがなく、結局死の運命からは逃れられませんでしたと。そんなオチ。
最後に1~今作(5)までの登場人物の死に方がオンパレードで出てくるんだけど、
そんなエンディングと、1にループするような終わりから察するに、
ひょっとしてこれでファイナルデッドシリーズはおしまいなのかな?

まー状況が違うだけで死に方とかそうそう変わらなかったしねー。
もはやネタ切れなのだろうか。

でもあれだよ。
今回のはレンタルして見るぐらいの価値はあると思うよ、うん。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)