FC2ブログ

予想とかじゃ全然ないよ、ただの感想だよ

安堂ロイド、なんだかネットでは叩かれていたり視聴率が低かったりするけど、ウチは結構好き。
確かに展開がややスローで途中途中に某海賊マンガのような無理やり感動を差し挟んだりするのが気にはなるけど、
最終回やその手前でちゃんと伏線諸々回収してくれるんならそれも良いと思う。

で、気になるのはその謎だよ謎!
クライアントは結局誰!?
今後の展開は!?
黎士は生きてるの!?死んでるの!?
もーーーーー気になる!!!!!
未来行きたい!!

で、今後の展開をちょっと予想してみる。

まず、優子さん演じる七瀬ちゃん。
今週でだーいぶおかしくなってましたなぁ。
ラストクィーンに良い感じに洗脳されてダーク化はあるんじゃないかと。

設定では黎士よりIQは上らしいし、黎士の研究をもとに、
ラストクィーン好みの作ってはいけない技術を作ろうとしてロイドに止められて、
前々からロイドに不信感を持っていたこともあって殺そうとして、
ロイドも七瀬ちゃんを排除しようとするけど、
インストールされた感情プログラムのせいで殺せなくてピンチに陥って、
それに乗じて敵アンドロイドがやってきて。

アスラシステムを使えば七瀬ちゃんも殺しかねないけどナビエの時みたいに強制発動しちゃって、
敵アンドロイドをあっさり殺して七瀬ちゃんも殺そうとするけど、
感情プログラムが勝ってアスラシステムを抑え込んで、
その姿を見てロイドを信用してもいいかもと思う七瀬ちゃんだけど、
「使えねー」とラストクィーンに殺されちゃう、みたいな。


でもクライアントはホントわかんないんだよなー。
妥当に考えれば、100年先も守るからとか言ってる黎士なんだけど、
それだと麻陽の殺害を許可した理由が分からんし。
ロイドは嘘つけないから、殺害の許可が出たと嘘をついたわけでもないし。
というかそもそも100年後に生きてるわけがないし。

まず麻陽を守るために未来からきたロイドに殺害を許可したってところがなぁ。
その点は麻陽自身がクライアントなら説明はつく。
しかしやはり100年後に生きてるわけがない、という壁がある。

医療技術の発展で~とか、実は脳がデータとして生きてて~
とかじゃちょっとご都合主義だしなぁ~。

ん~でも今後どうなるんだろうホント。
毎回敵アンドロイドが大した仕事しないっていうか、
T-1000型みたいに、目の前にターゲットしたら無駄口叩かず撃つ、
みたいなことしない上にロイドよりどう見ても弱いしなぁ。
今週の警官の人も、なんで銃つけつけながらジリジリ寄るだけで撃たんのよ、って感じだし。
ロイドがピンチになる理由も大体本人のバグやらなんやらだしなぁ。

とするとやはり今後の展開は、敵アンドロイドに期待するよりも、
七瀬ちゃんやラストクィーン、ロイド自身に期待すべきか。
妄想は尽きないぜ~。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)