FC2ブログ

ハマってるiPhoneアプリ

ゲームやら写真やら何やら、便利だったり面白かったりするアプリとその内容を書いてみようと思います。
ぶっちゃけどえらい長いから覚悟してね♪

アプリ名だけ先に全部羅列しておきます。
このアプリ全部の内容に触れるわけです。
長くなりそうだろぉ~?
ちなみに毎夜書き書きしてたら5日かかったぜぇ~?

・パズドラ
・黒猫のウィズ
・ニセコイ
・NEOなめこ
・進撃の巨人
・ラーメン魂
・ボケて
・逃走中
・すぐツモ
・逆ネーター
・美男美女診断
・星座表
・GoogleMaps
・食べログ
・LINE Tools
・Calculator




というわけで書いていくじぇ。


【パズドラ】
CMでもおなじみ、スマホを持っている人なら知らない人はいないんじゃないかぐらいのパズルゲーム。
一応説明しておくと、回復の6つの玉がランダムに配置された画面があるので、
それの一筆書きの要領で、うまく各属性ごとに縦横3つ以上繋げて消す、というもの。
1日1回ログインすることでもらえるログインボーナスと、
期間限定で登場する攻撃してこない敵のいるダンジョンをクリアしてゲットできるアイテムのため、
毎日欠かさずログインしちゃうウマーなゲーム。

戦闘にはモンスターが必要であり、モンスターにも属性がある。
消した玉と同じ属性のモンスターしか攻撃はできない。
ある程度モンスターが集まったら、同じ属性のモンスターのみでパーティを組むと、
その属性の玉さえ消せば全員で攻撃という中々面白いことができたりする。

魔法石というアイテムがあり、ログインボーナスやステージ攻略でもらえるほか、課金することでも手に入る。
所持できるモンスターの数には限界があるため、これを使って所持限界を増やしたり、
レアモンスターをゲットできるガチャを行ったりする。
序盤からTUEEEするつもりでもなければ、課金をせずとも魔法石は十分量手に入る。
最初はモンスター保持数を増やすために使い、余裕が出てきたら溜めてガチャるのがオススメ。


【黒猫のウィズ】
こちらもCMでおなじみのクイズゲーム。
5体1組のパーティを組んでダンジョンに挑み、出てくる4択クイズに答えていくというもの。
こちらはの3属性。

クイズパネルは常に4つ出てくるが、など単体のものと、&など2属性のもの。
&&3属性のものとある。
単体のものはクイズの難易度が低く、複数属性のものはその数に応じて難易度が上がる。
ただし、例えばパーティがなどの場合、火単体では2体しか攻撃できないが、
3属性パネルなら全員攻撃できる、などのメリットがある。

クイズにはアニメ、芸能、スポーツなど様々なジャンルがあるため、
2属性3属性でも、得意なジャンルなら挑んでみるのも手。
例えばアニメであれば、3属性問題で『君が望む永遠の主人公の名前は?』というのがあり、正解率20%程度だったが、
これはもうそのゲームをプレイしている人間にしてみればボーナスクイズレベルだったりする。
ねぇ孝之君。

こちらもパズドラ同様、1つの属性でパーティを組むことはできるが、
クイズパネルが4つしかないため、攻撃できる属性のパネルがなかったり、
あっても2属性3属性で正解できない、ということもある。
パーティ編成は計画的に。

パズドラでいう魔法石に相当するクリスタルというものがある。
ガチャを回す、キャラ保持数を増やす、ということができる。

キャラの強化・進化にはゲーム内通貨が必要になるが、うまく強化しないとやたら金がかかるので、
強化はなるべく1回の強化でレベルMAXになるようにするのがオススメ。
レベル1→25、25→MAXの場合と、レベル1→MAXと強化する場合とでは、お金が数十万違ったりする。

パズドラのようにログインボーナスと、1日1回無料で引けるガチャ、正解するとアイテムがもらえるクイズがあるため、
こちらも1日1回はログインしちゃうゲーム。


【ニセコイ】
CMでたまに見かける、週刊少年ジャンプで連載中の同タイトルのゲーム。
キャラは千棘、小野寺、鶫の3人と、先日のアップデートでついに登場した万里花様の4人。

内容としては、着せ替え&ボイス集めゲーム。
キャラをタッチすることでそのキャラが喋り、たまに着ている衣装限定のセリフを喋る。
タッチしていると行動チケットをゲットすることがあり、これを使って運動・勉強・女子力の3つのパラメーターを上げていく。
このパラメーターを消費することで、新しい衣装をゲットしたり、衣装限定ボイスをゲットしたりする。

『宿題』というものがあり、毎日更新でクリアすると特別チケットが手に入る。
一定数集めると限定衣装と交換できるが、今のところ限定衣装に特別ボイスはないため、ただの鑑賞用。
その日クリアできなかった宿題は、土日にまとめて挑戦できるアフターケアつき。

タッチしてチケットを集めてパラメータ強化、という単純作業だが、何かにつけて恥ずかしがる小野寺と、
ついに登場した万里花様の萌え度がハンパないのでオススメ。
ネコ語を喋る小野寺の可愛さといったらない。


【NEOなめこ】
グッズなども販売されている、なめこを育てるゲーム。
NEOバージョンになってできることがいろいろ増えた。
色々な種類のなめこや、時にはこれなめこか?と思えるものや、どうしてこれをなめこと言い張ったと思えるものなど、
出てくるなめことその説明にクスッとくること間違いなし。
このキャラを考えている人は良い意味で頭おかしい。

基本的な流れとしては、えさを設置し、生えてきたなめこを収穫し、手に入れたアイテムを使って環境をアップグレードしていく。
環境が良くなっていくと、色々ななめこが生えてくるようになる。
また、同じなめこを一定数集めることで、そのなめこのプロフィールが埋まっていく。
でしょうねと言えるようなプロフィール満載で笑える。
(礼:オニなめこの苦手な日→節分)

特にログインボーナスなどはないが、放っておくとなめこが枯れてしまうので、毎日見る必要がある。


【進撃の巨人】
同タイトルをゲーム化したもの。
建物を建て、資源を生産し、街を発展させていくのが目的・・・多分。
タワーディフェンスの、ディフェンスとオフェンス両方を楽しめる要素がある。

資源には黒金竹(延べ棒みたいなもの)氷瀑石(ダイヤみたいなもの)の2種類がある。
建物には、この資源を生産する建物と、敵(巨人)を攻撃する防御施設、巨人を作る建物、作った巨人を待機させる施設などがある。

資源は自ら生産するほか、巨人を生成し、その巨人を使って他プレイヤーの街を襲い、資源を奪い取る方法もある。
NPCの街を襲うこともできる。
自ら生成するより圧倒的に効率が良いが、街の防御施設が整っていて思うように攻められない、ということも多々ある。

こちらから攻めなくても他プレイヤーが攻めてくることももちろんある。
それに備えて、防御施設を適切に設置し、むやみに資源を取られないよう工夫しつつ資源をためていく。
本気で街を発展させていこうと思うと地味に難易度が高かったりする。

原作おなじみの巨人や、エレン・ミカサといったキャラも登場するが、
そこそこレベルを上げないとそれらキャラが登場する施設自体建てられない。
が、レベルを上げて原作キャラを登場させた時の感動はなかなか。

ログインボーナスは9つの宝箱から3つを選んで開けるものプラス連続ログインでもらえるアイテム。
宝箱の中身は黒金竹、氷瀑石、課金アイテムである水晶の3種類が、それぞれ少量・中量・大量とある。

ちなみに水晶は、この宝箱ボーナスと連続ログインボーナス、ミッションクリアなどで手に入る。
施設建造時間を早めたり、資源をMAXにしたり、水晶限定で建てられる施設に使ったりする。
水晶限定施設に今のところ(性能面で)魅力的なものはなく、使うのはせいぜい資源MAXくらい。
これも地道にやっていれば足らないことはないため、課金の必要性は今のところなし。
水晶も割と手に入りやすいため、余ることもしばしば。


【ラーメン魂】
自分だけのラーメンを作るゲーム。
スープ・麺・具を自由にカスタマイズしていく。
毎日ログインすることで具がもらえ、さらにラー友(ツイッターでいうフォロワー)を増やすと具も色々手に入りやすい(後述)。

スープを作る、麺・具を買うのにはお金が必要で、お金はラーメンを売って稼ぐ。
麺や具を買いすぎると、お金が足りなくなって困る。
お金を稼ぐ手段はラーメンを売ることのみで、麺や具を売却することはできないので注意。

レベルが上がると、作れるスープの種類や買える麺・具の種類が増えたり、
どんぶりに1度に乗せられる具の数が増えたり、1度に出せるラーメンの種類が増えたりしていく。

売り上げ重視でどう考えてもおいしくないラーメンや、某ラーメン店のラーメンそっくりなラーメンも作れる。
ラーメンを作る店主のアバターは自由に変えられるが、変えるためには衣装等を買う必要がある。
それもやはりラーメンを売ったお金で買う。

一部課金コインで買える衣装や具もある。

店名及び作ったラーメンには自分で名前を付けることができるため、
例えばサッポロ一番カップヌードルなどとつけてもOK。
こいつ金払ってインスタントラーメン食ってやがるwwwなどもできる。

ラー友というものがあり、このラー友を一定数増やすミッションもある。
1日1人1回、ラー友に具を送ることができ、
(ゲーム内で用意されるもので、自分の持ち具は減らないため、送ることによるマイナスはない)
他のラー友も送ってくれることが多いため、お互いに具を手に入れられるシステム。
ラー友が増えればその分具もたくさん手に入るため、ガンガン増やすのがオススメ。


【ボケて】
写真に対してボケたり、他人がボケたネタを見れるアプリ。
まとめサイトでよくある『写真で笑ったら寝ろ』などで取り上げられるアレ。
電池が残りわずかな時に、消費のために見ることが非常に多い。

写真を見ていて「自分だったらこうボケるのに」と思った経験があれば、試してみて損はない。
ちょっとした時間を埋めるのにちょうどいい。


【逃走中】
フジテレビの同タイトル番組をゲーム化。
iPhone左側でキャラを操作し、右側で視点を操作し、迫りくるハンターから一定時間逃げ隠れする。
フジテレビ公式アプリだけあって細部まで原作同様に作りこまれている。
また、アバターアイテム(服や帽子)にステータスが割り振られており、
見た目重視が性能重視かなどのお楽しみ要素もある。

ステータスは、走力・隠力、スタミナの3つで、
走力はダッシュ時(一定時間ダッシュできる機能がある)のスピードアップ、
隠力はハンターからの見つかりにくさ(同様の距離でもハンターが気付きにくい)、
スタミナはダッシュしていられる時間の長さ。

ハンターがとにかくしつこく、直線ダッシュで逃げ切るよりも、曲がり角を駆使して視界から消える逃げ方が必要になる。
視界から消えると猛ダッシュでは追ってこなくなるが、
しばらく小走りで近くを探索し続けるため、早めに場所を変える必要がある。

逃げる場所は渋谷とテーマパークがあり、渋谷は実際の渋谷モデルでかなりリアル。
街中にはゴミ箱やトラックなど20秒だけ隠れられる場所があるが、
20秒過ぎると強制的に出てしまう上に、その場所はそのゲーム中使えなくなるため、使い方が肝心。
ハンターをまいた直後にゴミ箱等に隠れても、その周辺をうろつかれてむしろ袋の鼠状態になる。

街中にはアイテムボックスがあり、手に入れて使わなければ持ち越すことも可能。
ゲームを進行する上で有利なものばかりだが、アイテムをセットするのがやや手間で、
辺りを警戒しつつ目的のアイテムをセットするにはそれなりの慣れが必要。

ログインボーナスはテレビでもおなじみの鎖。
数本ある鎖から1本を引き、当たればアイテムと、さらに鎖を引く権利。
さらに引いて当たりなら、その本数に応じてアイテムがどんどんもらえるが、
1本だけハンター放出の鎖があり、それを引いてしまうと手に入れたアイテムは全部パァ。

また、ガチャも1日1回無料で引ける。
ゲーム内通貨ガチャは1回1000で1日10回まで。MAX引くと10000
ゲームでは逃げ切ると平均2~4万ほどもらえるため、ゲーム内通貨ガチャは毎日10回引くことを推奨
レアアイテムをゲットする確率もそこそこ高い。

アバターアイテムには耐久力があり、例えば耐久力10のアイテムは、10回ゲームで使うと性能がガタ落ちする。
修理もできるがゲーム内通貨が必要なため、ガチャでよく手に入るアイテムなら、
毎日ガチャをやって適当に手に入れて使い捨てる感覚でもいい。

一番の魅力はアプリゲーでよくある時間回復スタミナ制ではないこと。
例えば、1回1スタミナ消費で、1スタミナ回復するのに10分必要or課金100円、
みたいなものが多いが、このゲームはそういった制限がなく、いくらでも逃走中をプレイすることができる。
ただし、10分逃げ切るミッションならリアルに10分逃げる必要があるため、かなり時間もかかる。
土日祝日プレイゲームといったところ。


【すぐツモ】
1対1の麻雀ゲーム。
イカサマアイテムありで、稼いだ点棒とアイテムを交換できる。
負けてもテンパイ止まりでも点棒はもらえるため、点棒に困ることはない。
また、1対1かつ1局勝負なので、飛ぶようなこともない。そもそもお互いの点棒表示すらない。
稼いだ点棒とゲームスタート時の点棒は別物で、10万点点棒を持っていて3万負けたからといって、
持ち点棒が7万になるわけではない。
なので、たとえ残り3牌だろうと、リーチできるならした方が得。

点棒が減るのは、今のところイカサマアイテムと交換した場合のみ。
ガンガンイカサマをしまくりたい人にはオススメ。

イカサマは4種類あり、リーチ後一発ツモ確定、牌交換、上がり後の点数アップ、ランダム。
リーチ後一発ツモ確定のみ課金通貨使用で、あとは点棒とトレード。

牌交換は配牌時、不要牌を5枚まで入れ替えられる。
上がり後の点数アップはそのまま、上がれば点数上乗せ。
ランダムは、相手のロン無効・配牌時赤牌2枚確定・局開始時ドラ表示4枚からどれか1つ。
1局あたりが短いが、ちょっとした暇つぶしにはいい。


【逆ネーター】
設定された質問項目を選ぶと相手が答えるので、その答えから相手の連想するものを当てるゲーム。
問題は全部で10問あり、問題が入れ替わることはないため、10問当てたら不要になるアプリ。
とはいえ早々当てられるものではない

画面を閉じたり切り替えたりするたびに出てくる広告がとにかくウザいが、
アプリの基本収入はそういった広告だ、ということをわかりやすく教えてくれている、ともいえる。

とにかく難しい。


【美男美女診断】
顔写真を撮ると、その顔をランク付けしてくれる。
光の加減や角度、カメラとの距離によって変わるため、ベストショットを見つけて悦に入ろう。
ちょっとした話題に使える。


【星座表】
空にかざすとリアルタイムで星座を表示してくれるアプリ。
逆に星座を入力してその場所を探すこともできる。
星座以外に水星や火星なども表示される。

空を見て、やたら赤く輝くあの星はなんだろう?と思ったらこいつの出番。
星がよく見えるところに旅行に行った時も楽しい。


【GoogleMaps】
地図検索アプリ。
どんなに地図の読めない人間でもこれがあれば大丈夫。
目的地を検索することで、そこまでの道のりをルート表示で音声案内してくれる。
自分が今向いている方向も表示されるので、何があっても絶対迷わない。


【食べログ】
現在地周辺の食べ物屋を検索して表示してくれる。
その近辺にどんな飲食店があるのか調べるのもいいし、
イタリアンが食べたいという要望に応えるべく検索したりもできる。
また、クーポン表示もあるため、行った先でお得な思いもできる。


【LINE Tools】
LINEとあるが、別にLINE専用ではない。
アプリ版七つ道具みたいな面白いやつ。
定規、分度器、方位磁針、水平器、騒音測定器、ストップウォッチ、タイマー、祝日カレンダー、
懐中電灯、鏡、虫眼鏡、パスタメジャー、QRコードリーダー、計算機、年号チェック、単位変換、サイズ換算と、
これでもかというくらいあれば便利なちょっとした機能満載。

ぶっちゃけなくても何一つ困らないものばかりではあるが、なんとなく使いたくなってしまう謎の魅力。


【Calculator】
手書き計算機。
1+1などの四則演算から、√や累乗、階乗などの高等計算式まで幅広く対応。
全部手で書いただけで、形から式や数字を推測してくれる。
思ったのと違う、ということはほぼなく、推測はかなり高性能。
あると意外に便利。

と、以上でアプリ紹介は終了。
その他ツイッターやラインなどは割愛しています。
さすがにあれは説明いらんだろう。

長くなったけど、どれもオススメだから試してみてねん♪
あるいはおすすめのアプリあったら教えてねん♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)