FC2ブログ

実写るろ剣観たけど・・・(ネタバレあり)

カテゴリはテレビでいいのだろうか、という疑問があるけどまぁいいや。
京都大火編観ました。
一作目が面白かったので期待していたのだけれど・・・うーむ(・ω・`)

【良かった点】
・神木君演じる宗次郎がピッタリだった。
・大久保卿暗殺シーンよくできてる。
・刀狩の張を演じる三浦涼介が演技うめー。
・志々雄真実を演じる藤原竜也が、自身の持ち味を活かしつつ意外に志々雄だった。
・駒形由美が「あー確かに実写にしたらこうかも」と思わせる。
・方治の人も地味にアニメに似せてて違和感ない演技。
・剣心の雑魚相手の殺陣シーンかこいい。

【悪かった点】
・宗次郎の速さが表現しきれてない(演出的な意味で)。
・宗次郎VS剣心初戦、抜刀術で対峙する距離近すぎない?
・同シーンで逆刃刀が折られた後、剣心のその表情は放心した表情・・・なの?
・な ぜ 操 ち ゃ ん を な ま ら せ た 。
・張さんの武器は、薄刃乃太刀は再現できなかったかやっぱり。
・10本刀の空気感。
・安慈?ねぇまさかあなた安慈和尚?
・鎌足?その装備は鎌足でいいのよね?
・不二見当たらないよ?身長的にどう見ても別人しか見当たらないよ?
・なんか宇水さん背筋良いね。
・蒼紫様はそっちの髪型でいっちゃうかぁ。
・蒼紫様の回転剣舞六連なんかダサくね?
・蒼紫様の二刀小太刀納刀時、長刀感が薄い。
・蒼紫様は最強を目指そうが修羅になろうが冷静ではあったと思うのに、なんか激情。
・翁強くね?
・比古清十郎ヒョロくね?

とまぁこんなところでしょうか。
蒼紫様の中の人とか、操ちゃんの中の人とか、みんな演技は上手なのに、
演出が邪魔してる感じ。邪魔は言い過ぎかもしれないけど。

舞台は京都とはいえ、操ちゃんは標準語で良かったし、
蒼紫様は徹頭徹尾、登場時そのままのテンションで「抜刀斎はどこだ・・・」と冷徹に聞いて回るので良かった。
抜刀斎いいいいいとか叫ぶのいらなかった。

宗次郎の速さも、実際に走るシーンを入れることでリアル感を出したかったのかもしれないけど、
それで速さが現実的なレベルになっちゃってるし、
剣心と対決するシーンは場所が狭くて速さが全然伝わらない。
あと感情欠落というより戦闘狂になってる。

十本刀・・・伝説の最期編ではもうちょっと動く・・・のだろうか。
まぁそんな感じで。
面白くない訳でもないけど、ちょっとモヤモヤする感じでしたとさ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)