超久々に愚痴記事

色々言いたいことがあったけど、聞きたくねーやって感じで言えなかったので。
あくまで思いのやり場に困って書くチラ裏的内容なので閲覧注意。





見た目が可愛かったり気遣い屋だったり、色々好きな所はあったけど、
もっと大まかに、隣に君がいたらと思った。

初めてまともに話した時、好意を向けてくれてすごく嬉しかった。
周りも一緒になって「良かったじゃ~ん!」なんていうもんだから、
そんな普段から言ってたのかな、とか色々考えて、本当に本当に嬉しくなった。
嬉しすぎて素っ気ない態度を取ってしまった自分を殴りたい。

勇気が出ず、積極的に話しかけることもせず、まともな接点もないから話す機会も減って、
そうしていたら、いつの間にかすっかり別の人と深く打ち解けているようだった。
こちらへの態度が露骨に変わって、彼へは露骨に好意を向けて。
少なくともそう見えてしまった。

すごく嫉妬した。
楽しそうに話しているのを見てイライラした。
それは間違いなく表に出ていた。

でもそんな資格ないんだ。
こっちは恋人でも何でもない。
だからこっちがイライラしているのに対して君がイラついたとしても、
それは当然のことだった。

毎日彼と同じタイミングで食事に出るようになって、一緒に帰ってきて、
一緒に帰るようになって、見せびらかしてんのかと思った。
余計イライラして、胃が痛くなってきた。

これ以上考えたくない、関わりたくないと思って、
極力考えず、見ず、関わらないようにしようと思った。

でも、ちょっとしたチャンスがあって、何気ないことに君を誘って、
君は笑顔で受けてくれて。
謝って、元通りとはいかないまでも、普通に話せるくらいには、
なんて都合の良いことを考えた。

その日にメールで、もしかしたら気分の問題で断るかもしれないってきて、
それはもう実質的な断りだなって思った。
彼女にしてみれば当然の考えだ。
いくら他に人もいるとはいえ気まずいだろうし、
むしろ他に人がいる状態で妙なことを口走られたらと思っても不思議じゃない。

だから当日、やっぱりちょっとって断られたとしても、仕方がないと思っていた。
でもさ、コピー取らなきゃいけなくなってって何?
コピー取らなきゃいけないから・・・だから何?
休憩自由なのに、休憩すら取れないほど忙しいの?

意味の分からない断り方にイラついて、不自然なくらいの笑顔で、
「全然大丈夫ですよ!」ってピシャリと言った。
後になって思い返して、君はあんなに申し訳なさそうな声を出していたのに、それを跳ね除けた。

それからいつもと同じ時間に、また彼と一緒に昼休憩に出て、一緒に帰ってきて、
コピー取らなきゃってなんだったんだよって、すごくムカついた。

そっちがその気ならって、君の方を一切見ず、君の近くを一切通らず、
君の近くを通る必要がある時は、わざわざ遠回りまでした。

昨日も話す機会はいくらでもあった。
優しい先輩が、空気読まないふりして助け舟まで出してくれた。
でも話そうなんて思わなかった。見ようと思わなかった。
もうこのままでいいと思った。

別の先輩と朝までカラオケで騒いだ。
朝まで時間があったから、それぞれの恋愛観とかも話した。

1日経って、布団に横になって、目を閉じて。
その話を思い出そうと思ったら、コピー取らなきゃって謝ってきた君の顔が浮かんだ。
すごく申し訳なさそうな顔をしていたのに。
思い出すってことは、ちゃんとその顔を見ていたのに。

もう今後も君と話す機会はない、君の方を見ることはない、
君に謝ることはないと思ったら、すごく、すごく悲しくなった。

どう考えても自己満足だけど、どうしても謝りたいと思った。
メールでじゃなく、直接話したいと思った。
でもそんな考え、成り立つはずがない。

君は、何のことかわからない、まったく気にしていないから必要ない。
そう返した。
謝ってくれた君に対してこっちがしたことと、同じだ。
こんな気持ちを、君にさせたんだ。

そうだよね。
こんな気持ちにさせるようなやつと、今更話したいなんて思わないよね。
本当に、本当にごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

そこまで相手を想えるなら
相手を思いやる事も出来るはず

相手の幸せを願うこともまた
ひとつの恋愛の在り方だと…

男として出来る事は
相手の幸せを願うことと
今以上に成長して輝いて見せることかな

今のままじゃ
きっと自分だけじゃなく
大切に想ってる人も苦しめる

諦めて前を向くことが
自分ににも相手にもプラスになる

後ろ向きに進むより
前を向いて進む方が
道は広がるんじゃないかな

恋愛は経験を積めば積むほど
自分の成長に繋がっていくから

心の整理を早く済ませて
彼女の幸せを願えるような
一回り大きな男になれ

見返して後悔させるぐらいの男になれ

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)