FC2ブログ

時々作るビーフシチュー

手作りビーフシチュー (2) (コピー)
でも毎回ちょっとずつ材料が本格的になっていく。
今回の材料はこんな感じ。

ちなみに使った赤ワイン。
飲むやつじゃねーしと思って一番安いのにしたのですが、
ビールでいうところの発泡酒的ポジションのやつらしく、
いわゆるワイン『風』飲み物なんですって。
飲んだらはちみつ混ぜたみたいに甘かったですぅー。

あと毎回レシピのベースになってるのは食戟のソーマ。



手作りビーフシチュー (3) (コピー)
次回はちゃんとワインを使うとして、今回はこれでGO!
まずは玉ねぎ1/2、にんじん1/3、セロリをみじん切りにします。
セロリは、下の大きい部分は別のことに使うので、
その部分を切り落として細い茎部分を使います。




手作りビーフシチュー (4) (コピー)
お肉に塩コショウをして揉み込みます。
今回使ったのは牛バラの角切り。



手作りビーフシチュー (5) (コピー)
先ほどのみじん切りにした野菜は油を熱した鍋で炒めます。
ちょいととろりとするくらいまで炒めます。


手作りビーフシチュー (6) (コピー)
お肉は焼く前にクローブをまぶし、熱したバターを入れたフライパンで両面を焼きます。
中まで火を通す必要はないので、やや強火で両面に焼き色をつければOKです。



手作りビーフシチュー (7) (コピー)
こんぐらい焼けばOK。



手作りビーフシチュー (8) (コピー)
お肉を取り出して、そこにワインを400cc入れます。
量が1/3になるまで煮詰めます。



手作りビーフシチュー (9) (コピー)
で、さっき書いた通り、セロリの下の部分を使います。



手作りビーフシチュー (10) (コピー)
セロリ、フレッシュタイム、フレッシュパセリ、ローリエを袋に入れます。
ブーケガルニです。



手作りビーフシチュー (11) (コピー)
みじん切りにした野菜を炒めていた鍋に、
焼いた肉、煮詰めたワイン、顆粒コンソメ1つ、ケチャップ大さじ1、
水500cc、8等分くらいにしたトマトを入れ、火をつけて沸騰してきたらアクを取ります。

デミグラスソース1缶を入れ、さらに煮込みます。
普通の鍋なら2時間弱、圧力鍋なら20分です。



手作りビーフシチュー (12) (コピー)
煮ている間にペコロス(ちっちゃい玉ねぎ)の皮を剥いておきます。
小さいのでこのまま入れますが、煮ているうちにバラバラになること必至なので、
爪楊枝を横から通しておきます。



手作りビーフシチュー (13) (コピー)
煮えたら肉を取り出し、煮汁をザルで漉します。
みじん切りにした玉ねぎやセロリは出汁取り用というわけです。

漉したら肉を戻し、さらにペコロス、人参など好きな野菜を入れて再び過熱します。
今回は人参、ペコロスの他、じゃがいも、残ったセロリを入れています。

沸騰手前になったら白みそを大さじ一杯入れて煮ます。
普通の鍋なら15分程度、圧力鍋なら5~10分程度。



手作りビーフシチュー (14) (コピー)
こんな感じになります。
ペコロスから爪楊枝を取り、塩コショウで味を調えます。



手作りビーフシチュー (1) (コピー)
器に盛ってできあがり。
長時間煮るので、お肉がやわらっかい!!



手作りビーフシチュー (16) (コピー)
イタリアンパセリやタイムは1袋全部使うわけではないので、
他の料理や、今回みたいに付け合わせのサラダに入れてみたりご自由に。



手作りビーフシチュー (15) (コピー)
ワイン飲んでみた時に「これはまずったか」と思ったけどおいしかったよー!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)